• 本

鳥獣戯画を読む

出版社名 名古屋大学出版会
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-8158-1012-2
4-8158-1012-5
税込価格 4,950円
頁数・縦 330,10P 22cm

商品内容

要旨

謎多き国宝絵巻、全四巻の理解を一新。なぜ動物が擬人化されているのか。その流動する画面はどのように連環しているのか。中世日本の芸能、王権、美意識にもとづく精緻な分析と、動物と人間のシームレスな関係についての考察により、通説を乗り越えて全巻を読み解く。マンガ・アニメ起源論も検証。

目次

「鳥獣戯画」甲巻の復原
「鳥獣戯画」甲巻研究史の再検討
流動するテクストとしての「鳥獣戯画」甲巻
「鳥獣戯画」の成立と連歌史
有心無心連歌の隆盛と「鳥獣戯画」甲巻
「鳥獣戯画」甲巻と王権
「鳥獣戯画」甲巻の美意識
「鳥獣戯画」甲巻の歴史的文脈
「鳥獣戯画」乙巻の考察―甲巻との関係を中心に
「鳥獣戯画」丙巻の考察
「鳥獣戯画」丁巻の考察
「鳥獣戯画」と漫画・アニメ
「鳥獣戯画」四つの巻―その相互関係に注目して
動物と人間のシームレスな関係―思想史的前提について

著者紹介

伊藤 大輔 (イトウ ダイスケ)  
1968年横浜市に生まれる。1991年東京大学文学部卒業。1996年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得満期退学。東京大学助手、岡山大学助教授などを経て、名古屋大学大学院人文学研究科教授、博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)