• 本

ふたたびの春に 震災ノート20110311−20120311

祥伝社黄金文庫 Gわ9−1

出版社名 祥伝社
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-396-31800-0
4-396-31800-6
税込価格 825円
頁数・縦 189P 16cm

商品内容

要旨

何が変わり、何が残ったのか。福島在住の詩人が記した、初めての詩集。2011年3月11日からの1年。

目次

こうしている(三月十三日避難所の夜)
僕たちはキッチンを(三月十四日台所で)
整列(三月十五日福島市にて)
避難(三月十五日福島市にて)
卒業(三月十八日失われてしまった息子の卒業式の朝に)
入浴(三月二十一日福島市自宅にて)
孤独(三月三十日書斎で)
目が覚めたら(四月八日床で)
靴(四月二十日新地町にて)
立入禁止(四月二十二日飯舘村にて)〔ほか〕

著者紹介

和合 亮一 (ワゴウ リョウイチ)  
詩人。国語教師。1999年に『AFTER』にて中原中也賞を受賞。2006年に『地球頭脳詩篇』にて晩翠賞を受賞。東日本大震災は職場で被災。直後からツイッターで作品を発表し、話題に。それをまとめた詩集『詩の礫』は各国で翻訳。2017年にフランスにて詩集賞を受賞(日本文壇史上初)。2019年に『QQQ』にて萩原朔太郎賞受賞。他に合唱曲の作詞、エッセイの執筆、オペラの台本などを手掛ける。1968年、福島県生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)