• 本

ワークで学ぶ子どもの「育ち」をとらえる保育記録の書き方 0〜2歳児編

出版社名 中央法規出版
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-8058-8279-5
4-8058-8279-4
税込価格 2,200円
頁数・縦 127P 26cm
シリーズ名 ワークで学ぶ子どもの「育ち」をとらえる保育記録の書き方

商品内容

要旨

本書では、発達の個人差が大きい乳児の姿が、まんがと、担任の日誌で示されています。そして、記述で不足している点や気づいてほしい点が指摘されています。さらに、その記述を、保育所保育指針や幼保連携型認定こども園教育・保育要領の観点から記録し、分析します。そこから、領域の育ちや育みたい資質・能力が見えてきます。同様のステップで、具体的な事例をもとにワークとして記録を書いてみます。領域や育みたい資質・能力の視点で分析し、子どもの育ちをとらえるところまでを経験します。

目次

序章 子どもの「育ち」をとらえる記録とは(保育における記録の意味
子どもの育ちつつある姿をとらえた記録の方法)
第1章 場面で学ぶ記録とワーク 0歳児(記録のための基本情報
子ども理解に向けた記録の視点と書き方 ほか)
第2章 場面で学ぶ記録とワーク 1歳児(記録のための基本情報
子ども理解に向けた記録の視点と書き方 ほか)
第3章 場面で学ぶ記録とワーク 2歳児(記録のための基本情報
子ども理解に向けた記録の視点と書き方 ほか)
資料

出版社・メーカーコメント

 保育の質を上げていくために、記録の検討が要となるとよく指摘されます。ただ実際には、どういう記録をとればよいのか、内容をどのように検討すればよいのか、どう改善すればよいのか、わからない人も多いでしょう。本書は、そこをわかりやすくしました。0〜2歳児のクラスと子どもの事例を設定し、場面を追って記録の仕方を学ぶことで、記録のとり方や検討の仕方が具体的にわかります。また、豊富な書き込み式ワークと解答例で、視点と書き方がしっかり身につきます。

著者紹介

無藤 隆 (ムトウ タカシ)  
白梅学園大学名誉教授。専門は発達心理学・教育心理学。「幼小接続会議」座長のほか、文部科学省中央教育審議会委員などを歴任
大方 美香 (オオガタ ミカ)  
大阪総合保育大学大学院教授。専門は保育学・乳幼児教育学。子育てサロンぶらんこを主催し、子育て支援の実践にも携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)