• 本

人類が生み出した全知全能の存在は神になりうるか?

出版社名 ビジネス教育出版社
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-8283-0865-4
4-8283-0865-2
税込価格 1,760円
頁数・縦 208P 21cm

商品内容

要旨

AIが神になる日が訪れるとしたら?AIに人間が支配され、ひれ伏す以外の未来があるのだろうか?2045年に訪れると予言されたシンギュラリティとは?

目次

1 AIは美空ひばりを、グレン・グールドを蘇らせる
2 AIの申し子、藤井聡太は神の子なのか
3 そもそも神とは何なのか?
4 AIは神の領域に近づく
5 ゾーンに入るという経験
6 AIの純粋経験
7 新たなる知性の登場
人類が生み出した全知全能の存在は神になりうるか?

出版社・メーカーコメント

2045年、AIが人類の知能を超えると予言されている。もし現実となれば、すべての判断をAIに委ねる世界が訪れるのだろうか。

著者紹介

島田 裕巳 (シマダ ヒロミ)  
1953年東京生まれ。東京大学文学部宗教学宗教史学専修課程卒業、東京大学大学院人文科学研究課博士課程修了。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任。現在は作家、宗教学者、東京女子大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)