• 本

ふつうに生きるって何? 小学生の僕が考えたみんなの幸せ

出版社名 毎日新聞出版
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-620-32671-9
4-620-32671-2
税込価格 1,540円
頁数・縦 254P 19cm

商品内容

要旨

進路、競争、同調圧力、貧困・格差…小学5年生の主人公・愉太郎が、日々の暮らしの中でさまざまな疑問と出合い、悩み、そしてたどりついたのは…。気鋭の財政社会学者が贈る、未来をつくる君たちへの物語。大人も子どもも必読の本!

目次

あきらめ半分の少年の物語
「ふつうじゃなくなったふつう」のしんどさ
僕はどうして聞けなかったのか?
民主主義のしなやかさ
ゆるコミュを作ろう!
思い出格差を終わらせろ!
自分らしく、みんなのために
あの人にやさしくできない理由
長所をさがせ!
病気の子どものそばにいちゃダメですか?
税金の使いみちを説得せよ!
貧乏になれば心も貧しくなるの?
おとな?子ども?僕は人間だ!
「みんないってる」の魔力
みんなだれかの幸せを願っている
勝者のいない競争
満たし合い、たより合える世界
みんなの幸せの「かたち」
遠くて近くにいる仲間
「できない」を「挑戦」に変える
選べないなら、みんなで作ろう
悲劇をなくすために僕たちにできること
自分に刺さった激しい怒り
終わりなき成長の旅

著者紹介

井手 英策 (イデ エイサク)  
1972年、久留米市生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。日本銀行金融研究所、東北学院大学、横浜国立大学を経て、慶應義塾大学経済学部教授。専門は財政社会学。総務省、全国知事会、全国市長会、日本医師会、連合総研等の各種委員のほか、小田原市生活保護行政のあり方検討会座長、朝日新聞論壇委員、毎日新聞時論フォーラム委員なども歴任。2015年大佛次郎論壇賞、2016年慶應義塾賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)