• 本

プロジェクト発信型英語プログラム 自分軸を鍛える「教えない」教育

出版社名 北大路書房
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-7628-3143-0
4-7628-3143-3
税込価格 2,970円
頁数・縦 210P 21cm

商品内容

目次

第1章 今のままの英語教育ならもういらない(教育観の世界的なパラダイム転換
なぜ大学英語教育が機能しないのか?)
第2章 セルフプロモーション教育を英語教育が担う(英語科目のリフレーミング
大学英語教員は「表現の専門家」へ
英語=ツール論を超えて)
第3章 教えない英語教育へ:「プロジェクト発信型英語プログラム」が目指してきたこと(「自分事」を他者に発信することで自己を成長させるPEP
シラバスの到達目標に見るプロジェクトの発展過程
社会的自己の発達に見るプロジェクトの発展過程
プロジェクトをどう評価するか
教員の役割と学生とのコラボレーション
Junior Project 2という実験劇場)
第4章 教える英語教育との相克と和解:ライティング教育を例に(英語ライティング指導の現状
第二言語ライティング研究と理論
第二言語ライティング指導と実践
ライティング教育が抱える問題点への考察)
第5章 英語×ICT教育の可能性:CALLを超えたCILLという新たな地平(CALLからCILLへ
PEPに見る授業タスクとICTの関係性
PEP授業の内容と学生によるプロジェクトの事例
授業タスクの4類型とICTとの関連
PEPの授業とICT活動
コロナ対応に見るCILLの成立要件)

著者紹介

山中 司 (ヤマナカ ツカサ)  
立命館大学生命科学部生物工学科教授。立命館大学国際部副部長。博士(政策・メディア)。一般社団法人大学英語教育学会(JACET)本部運営委員(研究促進委員会)。IEEE Professional Communication Society,Japan Chapter,Secretary of PCSJ。慶應義塾大学総合政策学部卒業、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程修了。専門は言語論、言語政策、言語哲学
木村 修平 (キムラ シュウヘイ)  
立命館大学生命科学部生命情報学科准教授。1977年、京都市生まれ。ミシガン州立大学社会科学部卒業、立命館大学大学院言語教育情報研究科修了、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了。博士(政策・メディア)。専門は高等英語教育における情報通信技術(ICT)の利活用。立命館大学4学部で展開するプロジェクト発信型英語プログラム(pep‐rg.jp)の運営コアメンバーのほか、外国語教育メディア学会(LET)傘下の電子語学教材開発研究部会部会長を務める
山下 美朋 (ヤマシタ ミホ)  
立命館大学生命科学部生命医科学科准教授。立命館大学大学院言語教育情報研究科修了、関西大学外国語教育学研究科修了。博士(外国語教育学)。専門は、外国語(英語)教育、第二言語ライティング、対照修辞学研究など。近年は、ライティングにおける質的研究に関心が高い
近藤 雪絵 (コンドウ ユキエ)  
立命館大学薬学部薬学科准教授。立命館大学大学院言語教育情報研究科修了、関西学院大学大学院言語コミュニケーション文化研究科修了。博士(言語コミュニケーション文化)。立命館大学4学部で展開するプロジェクト発信型英語プログラム(pep‐rg.jp)の運営コアメンバー。専門は学習者主導型クラススタイルの考案・教材開発およびコーパスを利用したテキスト分析。近年は薬学生のための英語教育に力を入れる。主な教材として、医療・健康に関する英語表現を学ぶアニメをYouTubeに公開中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)