• 本

小隊

出版社名 文藝春秋
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-16-391338-4
4-16-391338-6
税込価格 1,650円
頁数・縦 157P 20cm

商品内容

要旨

戦場は釧路だ!元自衛官の作家が克明に描くロシア軍との戦闘。第164回芥川賞候補作。

出版社・メーカーコメント

第164回芥川賞候補作。元自衛官の新鋭作家が、日本人のいまだ知らない「戦場」のリアルを描き切った衝撃作。樺太・国後半島から北海道にロシア軍が上陸、日本は第二次大戦後初の「地上戦」を経験することになった。自衛隊の3尉・安達は、自らの小隊を率い、静かに忍び寄ってくるロシア軍と対峙する。そして、ついに戦端が開かれた――。

著者紹介

砂川 文次 (スナカワ ブンジ)  
1990年大阪府生まれ。自衛官を経て地方公務員。2016年、「市街戦」で第一二一回文學界新人賞を受賞。2018年、「戦場のレビヤタン」で第一六〇回芥川賞候補、2020年、「小隊」で第一六四回芥川賞候補となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)