• 本

大相撲と鉄道 きっぷも座席も行司が仕切る!?

交通新聞社新書 150

出版社名 交通新聞社
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-330-00821-9
4-330-00821-1
税込価格 990円
頁数・縦 191P 18cm

商品内容

要旨

年6回の本場所と地方巡業で、年間を通じて日本全国をめぐる大相撲。各地への移動に際する列車の手配、車両割り、力士の座席指定は「行司」の仕事のひとつだ。本書では現役幕内格行司であり鉄道ファンでもある木村銀治郎が、相撲列車の実情やきっぷ手配の技、大相撲と鉄道が交錯する雑学などを披露。峰崎親方が語る相撲列車の思い出も必読!

目次

序章(ご存じ、土俵上での行司の役割
土俵を離れると、行司の仕事は多岐にわたる ほか)
第1章 相撲列車は、こんな列車だ(移動手段の勘案と手配を一手に担う「輸送係」
大移動に際する各種手配とタイムリミット ほか)
第2章 きっぷの手配方や列車移動あれこれ(JRにおける日本相撲協会の取り扱い
特殊団体の一員として求められていること ほか)
第3章 まだある大相撲×鉄道雑学(人気力士の名前が特急の愛称に〜特急「かいおう」
直方駅前の大関魁皇像 ほか)

著者紹介

木村 銀治郎 (キムラ ギンジロウ)  
昭和49年生まれ。幕内格行司。平成2年三月場所初土俵。平成26年十一月場所幕内格昇進を機に三代・木村銀治郎を襲名。土俵上のさばきのほか、大相撲の魅力を伝えるべくテレビやラジオ、雑誌などで活躍、講演活動なども行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)