• 本

培養カプセルを抜けだしたら、出迎えてくれたのは僕を溺愛する先輩だった

富士見ファンタジア文庫 さ−10−1−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-04-073994-6
4-04-073994-9
税込価格 693円
頁数・縦 269P 15cm

商品内容

要旨

想像できる?目が覚めたら、240年経ってた僕の気持ちを!?ちょっとした事故に巻き込まれて死んじゃった僕だけど、お付き合いを始めたばかりの超絶美少女にしてお嬢さまにして才媛中の才媛、天才の呼び声も高い先輩(※まだナニもできていない)が研究を重ね、ついに!生き返らせてくれたんです。(ってことは先輩何歳よ?)僕が死んでた間にイロイロあったらしく、文明は衰退しているし街はジャングルみたいになっているし…。できれば僕、青春と性春を取り戻したいんですけど?終末世界で日常を謳歌する若者たちの姿を描く、SF青春小説。「第5回カクヨムWeb小説コンテスト」SF・ゲーム部門特別賞受賞作。

出版社・メーカーコメント

ガールフレンドは、マッドサイエンティストでした。ガールフレンドを守って死んだはずの僕。気がついたら怪しげなカプセルの中で培養されていて、おまけに世界も終わっていた!? ポストアポカリプスの世界を生きる高校生の日常を描く「カクヨム」発青春SF冒険譚!

著者紹介

冴吹 稔 (サエブキ ミノル)  
医療事務の仕事を辞めて上京、漫画家アシスタントになるも十余年を経て体を壊して都落ち(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)