• 本

人生を走る ウルトラトレイル女王の哲学

出版社名 草思社
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-7942-2495-8
4-7942-2495-8
税込価格 2,200円
頁数・縦 383P 図版16P 19cm

商品内容

要旨

長距離走競技の中でも特に過酷とされる「ウルトラトレイル・デュ・モンブラン(UTMB)」。2005年、このレースに軽い気持ちで参加したリジー・ホーカー氏は、初挑戦にもかかわらず見事優勝を果たします。しかしそれは、UTMBでの5回の優勝を含む数々の超人的な記録の始まりに過ぎませんでした。長距離競技で圧倒的な記録を残すに至った彼女が、自身が挑んだレースの記録と、「走ることの意味」についての思索を語る、すべての「走る人(RUNNER)」のための物語。

目次

第1部 発見の旅(始まり
走る意味
極地とランニング ほか)
第2部 探索の旅(ヒマラヤに挑む
数々のレース
走ることと日常 ほか)
第3部 再発見と気づきの旅(故障と向き合う
体と心
居場所 ほか)

出版社・メーカーコメント

高低差10000m近く、距離150km以上を24時間以上にわたって走る過酷な競技ウルトラトレイル・デュ・モンブラン。その競技に初出場で優勝を飾り、その後前人未踏の5回の優勝を成し遂げた著者が、自身の「走る意味」を見出していく過程について語ったノンフィクション。走ることは世界とつながること。多くのランナーに読んでもらいたい一冊です。

著者紹介

ホーカー,リジー (ホーカー,リジー)   Hawker,Lizzy
1973年イギリス生まれ。サウサンプトン大学で海洋物理学の博士号を取得。高低差8500m、155kmを走るUTMBで5回の優勝を収めるほか、IAU 100km世界選手権での優勝など、数々のレースでの受賞歴をもつ
藤村 奈緒美 (フジムラ ナオミ)  
1973年生まれ。東京大学文学部言語文化学科卒。司書職を経て翻訳家となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)