• 本

黄金の稲とヘッジファンド

角川文庫 は81−2

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-04-110903-8
4-04-110903-5
税込価格 858円
頁数・縦 375P 15cm

商品内容

要旨

今や世界最大のヘッジファンドと評される第一次産業中央金庫。憧れの銀行員を夢見て産中に就職した城山良太は、研修先の淡路島の長閑な光景に衝撃を受ける。そこには都会の金融業界とは対照的な農業と寄り添う企業の姿があったのだ。翌年、営業部へと異動になった良太は、融資部門でかつてない業績を挙げ、頭角を現していくが―。2度の国家的な経済危機を乗り切った男の、発想と信念が、未曾有の混乱を生き抜く指針となる!

出版社・メーカーコメント

「メガバンク」シリーズの著者が、満を持して放つ、書き下ろし経済小説巨大ヘッジファンドと呼ばれる企業に就職した城山良太は、初めての赴任地に驚きを隠せなかった。そこは稲と玉葱の栽培が盛んなのどかな地だったからだ、だが、良太は農業と組織の底力を知ることになる──。

著者紹介

波多野 聖 (ハタノ ショウ)  
1959年、大阪府生まれ。一橋大学法学部卒業後、国内外の金融機関でファンド・マネージャーとして活躍する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)