• 本

比翼は万里を翔る

角川文庫 し55−12 金椛国春秋

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-04-109682-6
4-04-109682-0
税込価格 660円
頁数・縦 254P 15cm

商品内容

要旨

遊圭の陰ながらの活躍もあって、金椛軍は朔露の大軍を押し返し、戦況は小康状態を保っていた。自ら敵国に残った玄月の安否を気がかりに思いつつも、遊圭は延び延びになっていた明々との祝言の準備に駆け回る。だが断れない筋からの縁談が遊圭に舞い込んで…。そんな中、皇帝陽元の親征に金椛軍の士気は昂揚し、朔露との最後の戦いが始まる!それぞれが選んだ道の先に待つものとは。傑作中華ファンタジー、圧巻の完結巻!!

出版社・メーカーコメント

明々とついに結婚、のはずが大波乱!? 王道中華風ファンタジー堂々完結!敵国との一時休戦を機に、遊圭はついに延び延びになっていた明々との結婚式を――のはずが遊圭に縁談が持ち込まれ破局の危機!? さらに皇帝陽元による親征が始まり……。最後まで目が離せない圧巻の物語!

著者紹介

篠原 悠希 (シノハラ ユウキ)  
島根県生まれ。神田外語学院卒業。プログラマー、介護職などを経て、現在ニュージーランド在住。2013年、第4回野性時代フロンティア文学賞を受賞し、受賞作を改稿、改題した『天涯の楽土』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)