• 本

ナルニア国物語 新訳 3

夜明けのむこう号の航海

角川文庫 ル5−3

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-04-109250-7
4-04-109250-7
税込価格 792円
頁数・縦 283P 15cm
シリーズ名 ナルニア国物語

商品内容

要旨

ルーシーとエドマンドは意地の悪いいとこユースタスとともに、再びナルニアへ!カスピアン王やネズミの騎士リーピチープと再会し、行方不明の7人の貴族を捜す“夜明けのむこう号”の船旅に同行する。それはかつてない涙と成長の冒険となった。人が竜に変身する島、すべてを黄金に変える湖、悪夢が現実になる島―船はついにこの世の果て“アスランの国”に辿りつき…。息を呑むほど美しい結末。カーネギー賞受賞シリーズを新訳で!

出版社・メーカーコメント

ぼくは巨大な竜になった。息を呑むほど美しい、シリーズ最高傑作を新訳で!ルーシーとエドマンドはいとこのユースタスとともにナルニアへ!カスピアン王やネズミの騎士と再会し、7人の貴族を探す旅に同行する。人が竜に変身する島など不思議な冒険を経て、この世の果てに辿りつき…

著者紹介

ルイス,C.S. (ルイス,C.S.)   Lewis,Clive Staples
1898‐1963。英国作家。「ナルニア国物語」シリーズの著者。ケンブリッジ大学で中世・ルネサンス文学を講じた教授でもあり、『愛とアレゴリー』(1936年)などの評論やキリスト教に関する著作も多い。悪魔論『悪魔の手紙』(1942年)は世界的ベストセラーとなった。代表作「ナルニア国物語」シリーズ最終巻『最後の戦い』(1956年)は、優れた児童文学に贈られるカーネギー賞を受賞した
河合 祥一郎 (カワイ ショウイチロウ)  
1960年生まれ。東京大学およびケンブリッジ大学より博士号を取得。現在、東京大学教授。著書に第23回サントリー学芸賞受賞の『ハムレットは太っていた!』(白水社)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)