• 本

往復書簡老親友のナイショ文

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-02-331932-5
4-02-331932-5
税込価格 1,760円
頁数・縦 255P 19cm

商品内容

要旨

数え100歳にしてペンを走らせる瀬戸内寂聴と、80代半ばにしてアートの海を泳ぐ横尾忠則。半世紀ほど前に出会った二人の往復書簡。“老親友”として時代を振り返り、破天荒な人生の悲喜こもごもを伝えあう。

目次

1(二人とも本質的にいいかげんなところあり/天才は三島さんくらい あ?横尾さんもよ
90年、80年生きた物語にこそ価値/このまま百まで生きたらどうしよう
北斎とセトウチさんにとって百歳って/大丈夫!讃辞いただいても絵描には ほか)
2(ONに横綱たち…アスリートから刺激/うなりつつコロナウイルス研究中 ヨコオさんのため
機銃掃射悪夢の一瞬、僕の絵の原点に/戦争のこと、あまりにも話がありすぎて
百まで生きることが自業自得とは/満九十八…はねまわった昔々がなつかしい ほか)
3(夢のごときセトウチさん延命作戦あり/最期は絵描きに…浮かぶ、あの世の好き暮し
文学者と画家の間に横たわるものは?/数え九十九歳で絵描きになります!
“絵の年長者”より愛を込めて/ヨコオ画伯うならすどんな絵描くか! ほか)

出版社・メーカーコメント

百歳目前にして日々ペンを走らせる瀬戸内寂聴と、八十代半ばにして現役バリバリ横尾忠則。半世紀ほど前に出会った二人による、週刊朝日連載の往復書簡をまとめた書籍。老親友≠フ二人が昭和からの交流を振り返り、世相を見抜き、奔放にユーモラスに生きること、長寿の悲喜こもごもを互いへの手紙形式で伝えあう。

著者紹介

瀬戸内 寂聴 (セトウチ ジャクチョウ)  
1922年、徳島市生まれ。63年、「夏の終り」で女流文学賞。73年、中尊寺で得度。2001年、『場所』で野間文芸賞。06年に文化勲章。17年度朝日賞。著書多数
横尾 忠則 (ヨコオ タダノリ)  
1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞受賞。2011年度朝日賞。15年、世界文化賞。20年、東京都名誉都民顕彰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)