• 本

孟嘗君と戦国時代

中公文庫 み36−18

出版社名 中央公論新社
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-12-207037-0
4-12-207037-6
税込価格 858円
頁数・縦 244P 16cm

商品内容

要旨

古代中国の大国、斉に生まれた孟嘗君は「鶏鳴狗盗」の故事で名高い。多様な力が国と人とを動かす波瀾の時代に、智慧と誠実さを以て燦然と輝く存在であった孟嘗君を通して戦国時代を読み解く。書き下ろしエッセイ「回想のなかの孟嘗君」を付す。

目次

第1章 戦国時代と四君
第2章 斉国と臨〓
第3章 威王の時代
第4章 斉の二大戦争
第5章 孟嘗君の誕生と父 靖郭君
第6章 稷下のにぎわい
第7章 孟嘗君の活躍
第8章 孟嘗君と斉国の命運
系図・本書関連年表
書き下ろしエッセイ 回想のなかの孟嘗君

出版社・メーカーコメント

古代中国の大国、斉に生まれた孟嘗君は、多様な力が国と人とを動かす時代に、智慧と誠実を以て燦然と輝く存在だった孟嘗君の生涯を読み解く。

著者紹介

宮城谷 昌光 (ミヤギタニ マサミツ)  
1945(昭和20)年、愛知県蒲郡市に生まれる。早稲田大学文学部卒業。出版社勤務のかたわら立原正秋に師事し、創作を始める。91(平成3)年『天空の舟』で新田次郎文学賞、『夏姫春秋』で直木賞、93年『重耳』で芸術選奨文部大臣賞、2001年『子産』で吉川英治文学賞、04年菊池寛賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)