• 本

終電へ三〇歩 帰れない夜の殺人

新装版

C・NOVELS 66−5

出版社名 中央公論新社
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-12-501426-5
4-12-501426-4
税込価格 990円
頁数・縦 260P 18cm
シリーズ名 終電へ三〇歩

商品内容

要旨

北風に凍える夜。リストラを家族に言い出せず飲んだくれていた柴田秀直は、常務とホテルから出てきた上司の永井絢子を見かけた。一人になって泣き出す絢子を慰める柴田に、駆け落ち寸前の高校生カップルが声をかける。同じ頃、夫の暴力に悩んで家を飛び出した圭子は、サラリーマンの本多と意気投合し…。ふとしたきっかけで関わりあった人々の、出会いと別れ、すれ違いがやがて殺人に発展する!傑作ミステリー長篇。

出版社・メーカーコメント

リストラされた係長、夫の暴力に悩む主婦、駆け落ちした高校生カップル……。駅前ですれ違った他人同士の思惑が絡んで転がって、事件が起きる!

著者紹介

赤川 次郎 (アカガワ ジロウ)  
1948年、福岡県生まれ。76年「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、サラリーマンから作家業に専念する。80年には『悪妻に捧げるレクイエム』で角川小説賞を受賞。2016年に『東京零年』で吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)