• 本

発達障害はなぜ誤診されるのか

新潮選書

出版社名 新潮社
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-10-603863-1
4-10-603863-3
税込価格 1,540円
頁数・縦 220P 20cm

商品内容

要旨

その診断は間違いかも。ASDやADHDはこうして見逃されている!メディアなどを通してよく耳にするようになった「発達障害」。が、その誤診率が高いことは知られていない。原因は、他の精神疾患との併存、症状の類似と複雑さ、医師の知識不足と臨床経験の少なさ。長い間、うつ病や依存症と診断されていたが実は違っていた、ということも稀ではない。第一人者が初めてその実態を報告する。患者や家族、医師も必読!

目次

第1章 発達障害かもしれない
第2章 ASDとADHD
第3章 うつ病ではない?
第4章 双極性障害か、発達障害か
第5章 統合失調症という誤診
第6章 パーソナリティ障害は存在しない?
第7章 摂食障害だけではない
第8章 神経症という誤診
第9章 依存という併存症
第10章 発達障害と犯罪
終章 誤診への対策

著者紹介

岩波 明 (イワナミ アキラ)  
1959(昭和34)年、神奈川県生まれ。東京大学医学部医学科卒。精神科医、医学博士。発達障害の臨床、精神疾患の認知機能の研究などに従事。都立松沢病院、東大病院精神科などを経て、2012年より昭和大学医学部精神医学講座主任教授、2015年より昭和大学附属烏山病院長を兼務。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)