• 本

オンライン授業で大学が変わる コロナ禍で生まれた「教育」インフレーション

出版社名 大空出版
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-903175-99-7
4-903175-99-5
税込価格 1,320円
頁数・縦 228P 19cm

商品内容

目次

第1章 降って湧いた「オンライン授業」―大学で何が起こったのか(ある大学教授のリアルな声
「ハイブリッド授業」への進化)
第2章 走りながら考え、教えながら悩んだ―大学教員から見た「オンライン授業」(オンラインと「現場」を結びつける
教室という枠から「学び」を解放する
「オンライン」で「対面」は代替できるのか)
第3章 「教室」が消えた!―学生たちは「大学」に何を求めているのか(一度も通えない!新入生親子のリアル
学生の学生による学生のためのオンライン)第4章 コロナ以前の大学にはもう戻れない―オンライン授業の未来(オンライン授業で日本は「国際化」できるのか?
変わるべきか、変わらざるべきか 次なる形を探し続ける大学
学生の「声」に一喜一憂?評価される大学、されない大学
オンライン化だけは考えが古い大学で「教えるべきもの」を考える)
第5章 ロングインタビュー・大学はもう一度死ぬのか?―吉見俊哉・東京大学大学院情報学環教授(大学に「二度目の死」はあるのか、ないのか
中世ヨーロッパ史から「オンライン化」を眺める
デジタル化がもたらす「新しい大学」の形
間違いだらけ!オンライン化の「メリット、デメリット」
「グローバル化」と「オンライン化」が織りなす世界)

著者紹介

堀 和世 (ホリ カズヨ)  
1964年、鳥取県生まれ。東京大学教育学部卒業。1989年、毎日新聞社に入社。ほぼ一貫して週刊誌『サンデー毎日』に在籍し、取材、記事執筆、編集業務に携わる。2020年に退職してフリー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)