• 本

真珠湾攻撃でパイロットは何を食べて出撃したのか 日本海軍料理ものがたり

光人社NF文庫 た1206

出版社名 潮書房光人新社
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-7698-3206-5
4-7698-3206-0
税込価格 913円
頁数・縦 265P 16cm

商品内容

要旨

海軍式料理の流儀。「海軍のメシはうまい!」と言われた。海軍料理はいかにして生まれたのか。創意工夫をかさね合理性を追求した海軍の食にまつわるエピソードのかずかず。将兵たちは何を食べて戦ったのか。

目次

シチュー変じて肉じゃが?―これぞ海軍式料理の知恵
海軍が牛肉を食べたのはいつ?―生きた牛を積んだ軍艦
艦内食糧の保存方法あれこれ―冷蔵装置と缶詰の発明まで
「夜明け前」の軍艦の食事―鍋釜持ち込み、七厘で煮炊き
和洋折衷の工夫と海軍式カレー―ビーフカレーから伊勢海老カレーまで
テーブルマナーと紳士教育―司令長官の食事は生演奏付き?
「海軍士官は精養軒で食事をとるべし」―海軍大臣通達にふところ寒し
軍艦「出雲」での艦上昼食会を再現―トリ肉のワイン煮など、フルコースメニュー
スープだけでも二十種以上―ヨーロッパ仕込みのスープの数々
サラダは「サラド」、和洋折衷のいろいろ―鮭サラダからゼンマイサラダまで〔ほか〕

出版社・メーカーコメント

真珠湾攻撃のとき、パイロットはどんな食事をして出撃したのか!? ミッドウェー海戦の戦闘中、主計兵は何をしていたのか!? 知られざる帝国海軍の食文化を描く。

著者紹介

高森 直史 (タカモリ ナオフミ)  
海軍史・海軍料理研究家。管理栄養士。昭和14年、熊本県人吉市生まれ。昭和34年、佐伯栄養専門学校卒。昭和40年、海上自衛隊幹部候補生学校卒業。防衛大学校教官、護衛艦補給長、航空群司令部幕僚、海上幕僚監部人事課、護衛艦隊司令部幕僚、海上幕僚監部衣糧班長・給与班長、舞鶴地方総監部経理部長等を歴任。元1等海佐。海軍料理を通じて食文化普及、栄養相談等で活動。呉市観光特使。平成19年、佐伯学園佐伯矩特別功労賞受賞。平成22年、叙勲・瑞宝小綬章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)