• 本

福島第一原発事故の「真実」

出版社名 講談社
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-06-522529-5
4-06-522529-9
税込価格 3,520円
頁数・縦 734P 20cm

商品内容

要旨

吉田所長の英断「海水注入」はほとんど原子炉に届かなかった。1号機で唯一残された冷却装置は40年間にわたり“封印”されてきた。原子炉を救う減圧装置には、高温高圧になると動作しにくくなる弱点があった。2号機の消防注水の失敗が皮肉にもメルトダウンの進行を遅らさせて「最悪の事態」を防いだ。巨大な津波に備えて、津波対策に着手していた原発があった…圧倒的な情報量と膨大な写真資料満載。思いも寄らない真実が次々明らかに。東日本壊滅はなぜ免れたのか?取材期間10年、1500人以上の関係者取材で浮かび上がった衝撃的な事故の真相。

目次

第1部 ドキュメント福島第一原発事故(想定外の全電源喪失
運命のイソコン
決死隊のベント
ノーマークの水素爆発 ほか)
第2部 検証・事故はなぜ起きのたのか?本当に防ぐことはできなかったのか?(なぜイソコン停止は見過ごされたのか?
なぜイソコンは40年間動いていなかったのか?
歴史から学ぶアメリカ、学ばない日本
ベントはなぜかくも遅れたのか? ほか)

出版社・メーカーコメント

10年経っても次々に浮かび上がる新事実。福島第一原発事故は本当に防ぐことができなかったのか。のべ数千人の調査報道で真相に迫る