• 本

尊厳 その歴史と意味

岩波新書 新赤版 1870

出版社名 岩波書店
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-00-431870-5
4-00-431870-X
税込価格 924円
頁数・縦 227,3P 18cm

商品内容

要旨

「尊厳」は人権言説の中心にある哲学的な難問だ。概念分析の導入として西洋古典の歴史に分け入り、カント哲学やカトリック思想などの規範的な考察の中に、実際に尊厳が問われた独仏の判決などの事実を招き入れる。なぜ捕虜を辱めてはいけないのか。なぜ死者を敬うのか。尊厳と義務をめぐる現代の啓蒙書が示す道とは。

目次

第1章 「空っぽ頭の道徳家たちの合い言葉」(たわごと?
キケロとそれ以降
カント
優美と尊厳
尊厳と平等
ヒエラルキー
権利を敬うことと。敬われる権利)
第2章 尊厳の法制化(尊厳ある小びと
ドイツ
カント的な背景―人間性の定式
カトリック思想とドイツ連邦共和国憲法
ダシュナー事件と航空安全法
一貫した解釈はあるか
主意主義
結論)
第3章 人間性に対する義務(人間主義
功利主義者の応答
外在主義
人間ではないものが、内在的に善きものであるかもしれない
義務
カント
プラトン主義なき義務)

出版社・メーカーコメント

「尊厳」は人権言説の中心にある哲学的な難問だ。概念分析の導入として西洋古典の歴史に分け入り、カント哲学やカトリック思想などの規範的な考察の中に、実際に尊厳が問われた独仏や米国の判決などの事実を招き入れる。なぜ捕虜を辱めてはいけないのか。なぜ死者を敬うのか。尊厳と義務をめぐる現代の啓蒙書が示す道とは。

著者紹介

ローゼン,マイケル (ローゼン,マイケル)   Rosen,Michael
政治哲学者。イギリス生まれ。オックスフォードとフランクフルトで学び、現在、ハーバード大学政治学科教授
内尾 太一 (ウチオ タイチ)  
麗澤大学国際学部准教授。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了
峯 陽一 (ミネ ヨウイチ)  
同志社大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)