• 本

七冊の『神曲』が断罪する七人のダンテ

むすぶと本。

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-04-736520-9
4-04-736520-3
税込価格 1,430円
頁数・縦 317P 19cm

商品内容

要旨

居場所をなくした少女は図書室で黄金に輝く本に出会った。それは、地獄へ続く門だった―中学生の清良は図書室登校をしている。他人の大声や暴力的な言葉が怖くて、教室に入れなくなってしまったのだ。けれど静謐で穏やかだった図書室も最近すこしおかしい。生徒の集まるネット掲示板に不穏な噂話が書き込まれ続けているのだ。特に“ダンテ”の発言は過激で、皆がその話をするようになっていた。そんなある日、清良は同じ図書室登校だという眼鏡の少年と出会う。しかも彼は本と話せると言い、黄金の『神曲』を紹介してくれるのだけれど―。“本の味方!”榎木むすぶが繋ぐ本と人のビブリオミステリー第2弾!

出版社・メーカーコメント

図書室で出会った黄金に輝く本。それは、地獄へ続く門だった――暴力的な言葉が怖くて、教室に入れなくなってしまった清良は図書室登校をしていた。とある日、清良は本と話せるという不思議な少年、榎木むすぶと出会った。彼は立派な黄金の『神曲』という本を抱えていて――。

著者紹介

野村 美月 (ノムラ ミズキ)  
福島出身。『赤城山卓球場に歌声は響く』で第3回えんため大賞小説部門最優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)