• 本

フクシマ戦記 10年後の「カウントダウン・メルトダウン」 下

出版社名 文藝春秋
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-16-391337-7
4-16-391337-8
税込価格 2,310円
頁数・縦 431P 20cm
シリーズ名 フクシマ戦記

商品内容

要旨

「日本は東日本を失うかもしれない」。福島第一原発、新型コロナ―いま問われる日本の「危機対応」。

目次

第9章 ハイパーレスキュー隊
第10章 トモダチ作戦
第11章 ヨコスカ・ショック
第12章 ホソノ・プロセス
第13章 最悪のシナリオ
第14章 SPEEDI
第15章 計画的避難区域
第16章 落城一日
エピローグ 「神の御加護」

著者紹介

船橋 洋一 (フナバシ ヨウイチ)  
1944年生まれ。東京大学教養学部卒。1968年、朝日新聞社入社。朝日新聞社北京特派員、ワシントン特派員、アメリカ総局長を経て、2007年から2010年12月まで朝日新聞社主筆。法学博士、米ブルッキングズ研究所特別招聘スカラー(2005‐06年)、2019年より英国国際戦略研究所(IISS)評議員。2011年9月に独立系シンクタンク「日本再建イニシアティブ」(2017年7月から「アジア・パシフィック・イニシアティブ」)設立、理事長。福島第一原発事故を独自に検証する「民間事故調」を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)