• 本

震災復興の地域社会学 大熊町の一〇年

出版社名 白水社
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-560-09830-1
4-560-09830-1
税込価格 4,070円
頁数・縦 320,6P 20cm

商品内容

要旨

被災者それぞれの「生」に寄り添う支援のありかたとは…“小文字の復興”という視座。

目次

大熊町、九年六カ月後の「いま」
第1部 復興施策のなかのコミュニティ(ポスト三・一一は虚妄か?―オオクマはどう変わったか
小文字の復興のために―コミュニティの再審に向けて
誰のためのコミュニティ施策か―絆補助金制度の虚と実)
第2部 希望をつむぐ(出会いの可能性―サロン/ポストサロンにおける二つの時間
復興へのささやかな希望―会津会と「會空」をめぐる人びと
ふるさと幻想を超えて―「おおくまふるさと塾」の活動をめぐって
ゆらぐ墓石と多様化する葬送形態―「人間の尊厳性」をもとめて
震災アーカイブと外に向かう復興文化―震災をめぐる記憶をめぐって)
第3部 希望の底にあるもの(「犠牲のシステム」とコ・プレゼンスの可能性―原発事故被災者と支援者の間
防災と多様な知の相克―社会学からの知の連携への一視点
「地域専門家」のひとつのかたち―中間貯蔵施設に向き合う人びと)
希望の不定形な「かたち」

おすすめコメント

自身も被災した都市社会学者が、コミュニティに分け入り、行政の復興政策から零れ落ちる被災者の営みを追いかけた十年の記録。

出版社・メーカーコメント

自身も被災した都市社会学者が、コミュニティに分け入り、行政の復興政策から零れ落ちる被災者の営みを追いかけた十年の記録。

著者紹介

吉原 直樹 (ヨシハラ ナオキ)  
1948年生まれ。東北大学教授、大妻女子大学教授などを経て、横浜国立大学大学院都市イノベーション学府・研究院教授。東北大学名誉教授。社会学博士。専攻は、都市社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)