• 本

ストレス社会で「考えなくていいこと」リスト どうしようもなく仕事が「しんどい」あなたへ

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-04-680224-8
4-04-680224-3
税込価格 1,540円
頁数・縦 255P 19cm

商品内容

要旨

「rough(細かいことは気にせず)にlaugh(笑って)でいこう』。ラフドクターが「しんどい」をはずすヒントをお届けします。

目次

プロローグ なぜ今、仕事がしんどいのか?(コロナを機に働く環境が激変
社会とのつながりが減り、孤独を感じやすい ほか)
1章 「人間関係」で考えなくていいこと(残念な人が自分の上司に―「自分が悪いのかな…」とは考えなくていい
嫌いな人が職場にいる―「いつまでこれが続くんだろう」とは考えなくていい ほか)
2章 「職場環境」で考えなくていいこと(上司から頻繁に電話。監視されているみたいで辛い―「いつでも連絡がとれるようにしておかなければ」とは考えなくていい
部下の管理をしにくい―「自分は管理職には向いていない」とは考えなくていい ほか)
3章 「仕事」で考えなくていいこと(やりがいが感じられない―「やりがいがない」とは考えなくていい
周りに迷惑をかけてばかり―「自分はお荷物だ」とは考えなくていい ほか)
エピローグ 心を強くする7つの習慣(習慣1 「ボディスキャン法」で体調を確認する
習慣2 体のメンテナンスをする ほか)

おすすめコメント

@

出版社・メーカーコメント

人や環境に振り回されないで!「考えなくていいこと」はたくさんあります!多様化する働き方に伴い、仕事や人間関係の悩みも複雑になっている新時代。孤独感、閉塞感が強まる中、コミュニケーションが取りにくくなったと仕事のしんどさを感じる人へ「考えなくていいこと」をまとめた一冊。

著者紹介

井上 智介 (イノウエ トモスケ)  
産業医・精神科医。赤ブチ眼鏡・金髪アフロがトレードマーク。島根大学医学部を卒業後、内科・外科・救急科・皮膚科など幅広い分野にてプライマリケアをさまざまな病院で学ぶ。現在は産業医・精神科医・健診医の3つの役割を中心に活動しており、産業医として毎月約40社を訪問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)