• 本

テキスト入門会計学

第6版

出版社名 中央経済社
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-502-38391-5
4-502-38391-0
税込価格 2,860円
頁数・縦 220P 21cm
シリーズ名 テキスト入門会計学

商品内容

要旨

企業が投資家や債権者など外部のステークホルダー(利害関係者)に対して、財政状態や経営成績を報告するための会計が財務会計である。ステークホルダーにとって、企業が公表する財務諸表は、その意思決定のための重要な情報であり、ステークホルダーが適切な意思決定を行うためには、財務諸表の理解が必要不可欠となる。本書は、会計学を初めて学ぼうとする人達のために、会計学の基礎について図表や例題を用いて平易に書かれている。第6版では、収益認識会計基準の解説を再検討するとともに、最新の制度をフォローして改訂した。

目次

財務諸表総論
わが国の企業会計制度
貸借対照表(1):資産
貸借対照表(2):負債
貸借対照表(3):純資産
損益計算書
キャッシュ・フロー計算書
企業集団の会計
税効果会計
財務諸表分析
応用論点

著者紹介

大塚 宗春 (オオツカ ムネハル)  
1965年早稲田大学第一商学部卒業。1974年早稲田大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。1980年〜2002年早稲田大学商学部教授。2002年〜2005年会計検査院検査官。2006年〜2008年会計検査院長。2008年〜2013年早稲田大学商学学術院教授。現在、早稲田大学名誉教授
福島 隆 (フクシマ タカシ)  
1998年早稲田大学商学部卒業。2004年早稲田大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。明海大学不動産学部専任講師、准教授、明星大学経営学部准教授を経て、明星大学経営学部教授
金子 良太 (カネコ リョウタ)  
1999年早稲田大学商学部卒業。2004年早稲田大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。國學院大學経済学部専任講師、准教授を経て、國學院大學経済学部教授
菅野 浩勢 (カンノ ヒロユキ)  
2002年早稲田大学商学部卒業。2008年早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学。金融庁金融研究研修センター(現金融研究センター)研究官、早稲田大学社会科学総合学術院専任講師を経て、早稲田大学社会科学総合学術院准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)