• 本

赤毛の文化史 マグダラのマリア、赤毛のアンからカンバーバッチまで

出版社名 原書房
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-562-05873-0
4-562-05873-0
税込価格 2,970円
頁数・縦 270P 図版24P 20cm

商品内容

要旨

『赤毛のアン』や「赤毛連盟」でみられるように、赤毛はたんなる髪の毛の色以上の意味を与えられてきた。紀元前から世界各地で、人の交流によって混ざり合いながら受け継がれ、現代においても大きな影響力をもっている。赤毛をもつ人々の実生活にも投影されるそのイメージを解き明かす。

目次

第1章 はるか昔、何世紀も前に
第2章 黒、白、赤は至るところに
第3章 女性の場合はちがう
第4章 頭から生えるもの
第5章 美女たちと罪人たち
第6章 ラプンツェル、ラプンツェル
第7章 流行の気まぐれ
第8章 赤毛の日

出版社・メーカーコメント

『赤毛のアン』や「赤毛連盟」でみられるように、赤毛はたんなる髪の毛の色以上の意味を与えられてきた。時代、地域、性別によっても変化し、赤毛をもつ人々の実生活にも影響を及ぼしてきたイメージを解き明かす。カラー口絵付。

著者紹介

ハーヴィー,ジャッキー・コリス (ハーヴィー,ジャッキーコリス)   Harvey,Jacky Colliss
イギリスの作家、編集者。英語学と美術史を学び、長年にわたり美術関係の出版にたずさわってきた。『赤毛の文化史―マグダラのマリア、赤毛のアンからカンバーバッチまで』がデビュー作となる。自身も赤毛の持ち主
北田 絵里子 (キタダ エリコ)  
英米文学翻訳家。関西学院大学文学部卒。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)