• 本

選択される命 子どもの誕生をめぐる民俗

出版社名 臨川書店
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-653-04399-7
4-653-04399-X
税込価格 3,520円
頁数・縦 361P 22cm

商品内容

要旨

いのちは、どこからはじまるのか。堕胎・間引き、中絶・避妊、水子供養などの分析を通し、私たちの胎児観・生命観の変遷を追う。

目次

序章
第1章 近代化以前の子どもの命の選択
第2章 産児制限をめぐる制度と社会
第3章 民俗学における堕胎・間引きと子ども観
第4章 水子供養にみる胎児観の変遷
第5章 水子供養流行と社会
第6章 水子供養の現在
終章
産婆・助産婦聞き書き資料

著者紹介

鈴木 由利子 (スズキ ユリコ)  
1955年生れ。1978年東北学院大学文学部史学科卒業。1999年東北学院大学大学院文学研究科アジア文化史専攻卒業、修士文学。現在:宮城学院女子大学非常勤講師。専門:日本民俗学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)