• 本

真ん中の部屋 ヘーゲルから脳科学まで

シリーズ〈哲学への扉〉

出版社名 月曜社
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-86503-108-9
4-86503-108-1
税込価格 3,740円
頁数・縦 371P 19cm

商品内容

要旨

新しい唯物論の喜びへといざなう論文集。脱構築思想の批判的継承者マラブーの論考15本を収載。ヘーゲル弁証法の可能性を問い直しつつ、ニーチェ/フロイトからドゥルーズ/バトラーまでの現代思想を俎上に載せるとともに、脳科学の可能性を哲学の試練にかけて、神経の可塑性、病態失認、クローン技術などを考察する。哲学と脳科学との対話によって現れる“真ん中の部屋”への招待。

目次

第1部(ヘーゲルと電気の発明
弁証法の否定的なもの ヘーゲルとハイデガーのあいだで―イポリット、コイレ、コジェーヴ
弁証法的否定性と超越論的苦痛―ヘーゲルを読むハイデガー
世界の歴史と喪の可塑性
読解―不完全な隅石、あるいは再び閉じた傷)
第2部(隔たりの差異―ハイデガーとレヴィ=ストロース
誰がヘーゲルの狼を恐れるのか
永劫回帰と差異の亡霊
フロイトの二人のモーゼ
性的アイデンティティの構成において何が失われるのか)
第3部(神経の可塑性をめぐるイデオロギー的な争点
神経生物学的理性批判のために―ジャン=ピエール・シャンジュー『真、美、善について―新たな神経的アプローチ』について
幻影肢、病態失認、否認―欠損という問題に直面したメルロ=ポンティと現代神経生物学
恩寵と中毒―フェリックス・ラヴェッソン『習慣論』の導入のために
再生されるものたち―幹細胞、遺伝子治療、クローニング)

著者紹介

マラブー,カトリーヌ (マラブー,カトリーヌ)   Malabou,Catherine
1959年アルジェリア生まれ。イギリス・キングストン大学教授。専門は独仏の近現代哲学
西山 雄二 (ニシヤマ ユウジ)  
1971年生まれ。東京都立大学教授。専門は現代フランス思想
星野 太 (ホシノ フトシ)  
1983年生まれ。早稲田大学社会科学総合学術院専任講師。専門は美学、表象文化論
吉松 覚 (ヨシマツ サトル)  
1987年生まれ。立命館大学客員協力研究員。専門はフランス思想、哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)