• 本

ちひろ、らいてう、戦没画学生の命を受け継ぐ 信州安曇野・上田文学美術紀行から

出版社名 かもがわ出版
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-7803-1147-1
4-7803-1147-0
税込価格 1,870円
頁数・縦 149P 21cm

商品内容

目次

序章 らいてう、ちひろ、戦没画学生の生きた時代と漱石(らいてう、ちひろ、戦没画学生の生きた時代をどう考えるか
夏目漱石の文学にとってのらいてうの存在意義)
第1章 いわさきちひろの絵の秘密に迫る―風や空気を描く色合いと気合の勝負(安曇野ちひろ美術館について
ぼくを育ててくれた父母とヤギ ほか)
第2章 平塚らいてうの母性保護思想―「新婦人協会」結成百周年にあたって(「らいてうの家」から生い立ちを偲ぶ
禅の悟りから生み出された『青鞜』創刊に見る覚悟 ほか)
第3章 無言館にたどり着いた“流木の人生”―戦没画学生の絵と向き合って(戦没画学生慰霊美術館「無言館」について
明大前でスナックを開いた青春時代 ほか)
終章 近代日本の歴史と文化をつなげて考える

出版社・メーカーコメント

子どもの絵本画家いわさきちひろ、女性解放家平塚らいてう、戦没画学生、そこから何を受け継ぐのか。読めば納得する紀行文でもある。

著者紹介

小森 陽一 (コモリ ヨウイチ)  
東京大学名誉教授、専攻は日本近代文学、夏目漱石研究者。「九条の会」事務局長
松本 猛 (マツモト タケシ)  
美術・絵本評論家、作家、横浜美術大学客員教授。ちひろ美術館(東京・安曇野)常任顧問
窪島 誠一郎 (クボシマ セイイチロウ)  
作家、戦没画学生慰霊美術館「無言館」「残照館」(旧「信濃デッサン館」)館主(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)