• 本

西欧における民事裁判の発達と展開 西欧大陸民事訴訟史概観

出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-641-49964-5
4-641-49964-0
税込価格 4,400円
頁数・縦 410P 22cm

商品内容

目次

第1章 古代のゲルマン・ギリシア・ローマの訴訟
第2章 ローマ法の民事訴訟―方式書訴訟時代以降
第3章 ランゴバルド法・フランク法の訴訟と教会裁判権
第4章 カノン法の民事訴訟
第5章 中世ドイツの民事訴訟
第6章 近代フランスの民事訴訟
第7章 近代ドイツとオーストリアの民事訴訟
第8章 おわりに

著者紹介

林屋 礼二 (ハヤシヤ レイジ)  
昭和5年(1930年)12月東京生まれ。東北大学法学部卒業。学習院大学法学部教授を経て、東北大学法学部教授を定年退職。東北大学名誉教授。民事訴訟法専攻。平成30年(2018年)1月没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)