• 本

伊藤整とモダニズムの時代 文学の内包と外延

出版社名 花鳥社
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-909832-28-3
4-909832-28-9
税込価格 6,380円
頁数・縦 441P 22cm

商品内容

要旨

雑誌や書籍への目配り、人への好奇心が一体となった論考は、モダニズムの水脈をたどり、研究の可能性を押し広げて、今なお文学研究の最前線に位置する。

目次

第1章 伝記・書誌的研究からの始まり(詩人伊藤整
我といふ人の心―『伝記伊藤整』を書き終えて ほか)
第2章 拡張する放物線(麻布飯倉片町
『文芸レビュー』創刊前後 ほか)
第3章 点と線をつなぐ(川端康成『小説の研究』の代作者
ジョイスと芥川龍之介―ジョイス受容史の点と線(1) ほか)
第4章 文学の内包と外延(回覧雑誌『夕づゝ』の出現―百年前の一高の文学青年たち
異端の弟子―夏目漱石と中村古峡(上) ほか)

著者紹介

曾根 博義 (ソネ ヒロヨシ)  
1940(昭和15)年、静岡県生まれ。2016(平成28)年没。日本大学文理学部元教授。専門は日本近代文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)