• 本

科学的に正しい認知症予防講義 日本認知症予防学会の理事長が教える

出版社名 翔泳社
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-7981-6794-7
4-7981-6794-0
税込価格 1,540円
頁数・縦 215P 19cm

商品内容

要旨

最高峰の医学論文(2020年発表)で判明!認知症になる人を4割減らせる確かな予防を始めよう!難聴や肥満、社会的孤立など今すぐ対策すべき12のリスク。認知症の一歩手前(MCI)から回復!週2時間でできる予防プログラム。「認知症リスク」チェックシート付き。

目次

講義1 認知症に対して現代医学ができること/できないこと(認知症は『発症しない』ことが一番大事!
正しい予防で、認知症になる人を4割減らせる ほか)
講義2 発症原因の40%を占める「認知症リスク因子」の減らし方(難聴(聴力低下)―発症リスクの8%
社会的孤立―発症リスクの4% ほか)
講義3 「3つの習慣」で認知症リスクを増やさない(たった3つの習慣で、12の認知症リスク因子の対策を!
認知症予防のための「運動」 ほか)
講義4 将来の備え編〜認知症になっても自分らしく暮らすために(二次予防(早期発見・治療)が重症化を遅らせる
認知症を疑ったときにすべきこと)

出版社・メーカーコメント

日本における認知症予防の第一人者が、現時点で科学的に最も理にかなった認知症予防法とその実践方法を厳選して解説します。

著者紹介

浦上 克哉 (ウラカミ カツヤ)  
1983年に鳥取大学医学部医学科を卒業。同大大学院の博士課程を修了し、1990年より同大の脳神経内科にて勤務。2001年4月に同大保健学科生体制御学講座環境保健学分野の教授に就任。2005年より同大の医用検査学分野病態解析学の教授を併任。2011年に日本認知症予防学会を設立し、初代理事長に就任し、現在に至る。日本老年精神医学会理事、日本老年学会理事、日本認知症予防学会専門医(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)