• 本

IBM Quantumで学ぶ量子コンピュータ PythonとQiskitでプログラミング!! 量子力学の知識がなくても量子コンピュータがわかる!!

出版社名 秀和システム
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-7980-6280-8
4-7980-6280-4
税込価格 3,300円
頁数・縦 253P 21cm

商品内容

要旨

本書では量子コンピューティングの基礎知識となる量子アルゴリズムや量子ビット、量子ビットゲート、測定、量子もつれ、などを学びます。また、実機としてIBM社の「IBM Quantum」、ソフトウェア開発キットの「Qiskit」を使い、サンプルコードの実行や量子回路の作成により、量子プログラミングの基本を学ぶことができます。

目次

1 量子コンピュータとは?
2 量子コンピュータの数理
3 IBM Quantumを使った量子計算
4 Qiskitを使った汎用量子計算
5 量子古典ハイブリッドアルゴリズム
6 量子機械学習
7 これからの量子コンピュータ

著者紹介

湊 雄一郎 (ミナト ユウイチロウ)  
東京大学工学部卒業。隈研吾建築都市設計事務所を経て、2008年にMDR(現blueqat)株式会社設立。総務省異能vation最終採択。内閣府ImPACTPM補佐。文科省さきがけ領域アドバイザー
比嘉 恵一朗 (ヒガ ケイイチロウ)  
DEVEL代表。2019年に九州大学理学部数学科卒業し、現在は九州大学大学院数理学府数理学を専攻する。専門は表現論、量子アルゴリズムである
永井 隆太郎 (ナガイ リュウタロウ)  
早稲田大学物理学及応用物理学科専攻修士課程修了。半導体メーカーにて4年間勤務後、blueqat株式会社に入社し、現在に至る
加藤 拓己 (カトウ タクミ)  
東北大学工学部、同大学院工学研究科(修士)卒業。スチールプランテック株式会社、アララ株式会社を経て、2018年、blueqat株式会社に入社。Pythonの量子コンピューティングライブラリ「blueqat」の主要開発者。IPA未踏ターゲット事業2020年度採択者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)