• 本

風神雷神 上

講談社文庫 や60−6

出版社名 講談社
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-06-522186-0
4-06-522186-2
税込価格 792円
頁数・縦 277P 15cm
シリーズ名 風神雷神

商品内容

要旨

扇屋「俵屋」の養子となった伊年は、醍醐の花見や、出雲阿国の舞台、南蛮貿易の輸入品から意匠を貪り、絵付けした扇は評判を増す。すると平家納経の修理を依頼される栄誉に。さらに本阿弥光悦が版下文字を書く嵯峨本、鶴下絵三十六歌仙和歌巻の下絵での共同作業を経ると、伊年の筆はますます冴えわたる。

出版社・メーカーコメント

扇屋の絵師から法橋にまで登り詰めた鬼才、俵屋宗達。生没年不詳の男の一生を描出する、波瀾万丈の歴史エンタインメント。

著者紹介

柳 広司 (ヤナギ コウジ)  
1967年生まれ。2001年『贋作「坊っちゃん」殺人事件』で第12回朝日新人文学賞を受賞。’09年『ジョーカー・ゲーム』で第30回吉川英治文学新人賞と第62回日本推理作家協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)