• 本

坊っちゃん

ポプラキミノベル な−02−01

出版社名 ポプラ社
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-591-16963-6
4-591-16963-4
税込価格 715円
頁数・縦 225P 18cm

商品内容

要旨

親ゆずりの無鉄砲で子どものときから損ばかりしている―。そんな冒頭から始まる、文豪・夏目漱石の代表作。自ら英語教師として松山の中学に赴任した経験を背景にした作品です。四国の中学校に数学教師として赴任した江戸っ子気質の“坊っちゃん”が、少し不器用でかなり無鉄砲ながらも正義感を貫き通して、まさに暴れまわる、痛快作です!小学校高学年から。

出版社・メーカーコメント

キミとつながる、エンタメノベル文庫。《キミノベル》 2021.3 創刊!正義の味方、坊っちゃんが暴れまわる、文豪・夏目漱石の超エンタメ作。親ゆずりの無鉄砲で子どものときから損ばかりしている――。そんな冒頭から始まる、文豪・夏目漱石初期の代表作。自ら英語教師として松山の中学に赴任した経験を背景にした一冊です。−−物理学校を卒業後、ただちに四国・松山の中学に数学教師として赴任した青年“坊っちゃん”が、少々不器用でかなり無鉄砲ながらも正義感を貫き通してまさに暴れまわる痛快作です!

著者紹介

夏目 漱石 (ナツメ ソウセキ)  
1867年(慶応3年)東京牛込馬場下町に生まれ、帝国大学(東京大学)英文科を卒業。愛媛県尋常中学校(松山中学)、熊本の第五高等学校等の英語教師を歴任。1900年、英語研究のため、イギリスに留学。帰国後、帝国大学・第一高等学校の講師になる。1905年、「ホトトギス」に『吾輩は猫である』、1906年、『坊っちゃん』『草枕』等を発表し文壇の地位を確立。1907年、教職から離れ東京朝日新聞に入社。その後、『虞美人草』『三四郎』『それから』『心』等つぎつぎに朝日新聞に連載。1916年、『明暗』連載中に胃潰瘍で死去
ふすい (フスイ)  
イラストレーター。小説を中心に装画・挿絵を数多く手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)