• 本

「ポスト・トゥルース」時代における「極化」の実態 倫理的議論と教育・ジャーナリズム

出版社名 印刷学会出版部
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-87085-240-2
4-87085-240-3
税込価格 2,860円
頁数・縦 119P 21cm

商品内容

目次

第1章 正しい罵り合い―「正しい議論の仕方」からの類推(ユニコーンモデルからの検討
「正しい議論の仕方」の類型 ほか)
第2章 SNSの極化―平昌五輪の韓国産いちご問題を事例としたTwitterにおける実証研究(日本における韓国への感情
極化現象モデルとネットレベルの極化 ほか)
第3章 「極化」・感情・熟議(Webメディアによる「極化」
「極化」と議論(「熟議」) ほか)
第4章 望ましい議論に向けて―ジャーナリストがすべきこと(「真実を述べること」と「信頼をえること」
ジャーナリズムの定義 ほか)
第5章 望ましい議論に向けて―教育ですべきこと(はじめに―モラル過剰の時代
正しい罵り合い?―ラップ的思考を通した相互理解の試み ほか)

著者紹介

塚本 晴二朗 (ツカモト セイジロウ)  
日本大学大学院法学研究科博士後期課程政治学専攻単位取得満期退学。博士(コミュニケーション学)。日本大学法学部新聞学科教授
上村 崇 (ウエムラ タカシ)  
広島大学大学院文学研究科博士課程後期倫理学専攻修了。博士(文学)。福山平成大学福祉健康学部健康スポーツ科学科教授
眞嶋 俊造 (マジマ シュンゾウ)  
英バーミンガム大学グローバルエシックス研究所博士課程修了。Ph.D。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授
茨木 正治 (イバラギ マサハル)  
学習院大学大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(政治学)。東京情報大学総合情報学部教授
山田 尚武 (ヤマダ ナオタケ)  
日本大学新聞学研究科新聞学専攻修士課程修了。修士(新聞学)。日本大学新聞学研究科博士後期課程在籍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)