• 本

新型コロナウイルスと私たちの社会 定点観測 2020年後半 忘却させない。風化させない。

論創ノンフィクション 010

出版社名 論創社
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-8460-2015-6
4-8460-2015-0
税込価格 2,200円
頁数・縦 411P 19cm
シリーズ名 新型コロナウイルスと私たちの社会

商品内容

要旨

緊急事態宣言後の社会はどう変容したのか。第2波を迎えるなかで強行された、Go Toキャンペーンの行方はいかに。安倍政権から菅政権に変わったことで、コロナ対策はどうなっていったのか。雇止めや解雇で大量の失業者が生まれるなか、政府は弱者に救いの手を差しのべたのか。本企画では、コロナ禍の日本社会を定点観測する。第1弾は2020年の上半期を対象に刊行した。第2弾となる本書では、同年の下半期が観測の対象となる。

目次

“医療” 第三波の襲来とワクチンへの期待(斎藤環)
“貧困”続・貧困の現場から見えてきたもの(雨宮処凛)
“ジェンダー”コロナ禍とジェンダー2―「ジェンダー不況」のもとで(上野千鶴子)
“メディア”コロナ禍で認識する報道の課題(大治朋子)
“労働”コロナ禍の労働現場2(今野晴貴)
“文学・論壇”停滞する言論、活気づく右派論壇(斎藤美奈子)
“ネット社会”ダンスとハンマーの間で(CDB)
“日本社会”続・アベノマスク論(武田砂鉄)
“哲学”コロナ禍と哲学2―感染病と格差(仲正昌樹)
“教育”子どもの受難は続く(前川喜平)
新型コロナ日記インアメリカ 2(町山智浩)
ここまで来たコロナショックドクトリン(松尾匡)
コロナ禍と東アジア(ポスト)冷戦 2(丸川哲史)
コロナ禍は社会の性能を示す(宮台真司)
私たちはずるずると泥道を滑り落ちている(森達也)
コロナ禍のヘイトを考える(安田浩一)
「人権」が絵空事にならないために(安田菜津紀)

著者紹介

森 達也 (モリ タツヤ)  
1956年、広島県呉市生まれ。映画監督、作家、明治大学特任教授。テレビ番組制作会社を経て独立。98年、オウム真理教を描いたドキュメンタリー映画『A』を公開。2001年、続編『A2』が山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞・市民賞を受賞。10年に発売した『A3』で講談社ノンフィクション賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)