• 本

王室外交物語 カラー版 紀元前14世紀から現代まで

光文社新書 1120

出版社名 光文社
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-334-04527-2
4-334-04527-8
税込価格 1,166円
頁数・縦 237P 18cm

商品内容

要旨

今からわずか百年ほど前には、世界の大半が君主国とその植民地であった。それが、21世紀の現在には、君主国は(日本も含め)28ヵ国。とはいえ今やこれらの君主国こそが、新たな地球的課題に対していち早く動き、社会や政治の右傾化のなかで、国内での均衡を保つ重要な存在になっている。一見すると時代遅れの遺物と思われがちな王室や皇室が、21世紀の現代に極めて重要な意味を持ち、特に「外交」の面で力を発揮しているのはなぜか。本書ではまず、外交の源流、3500年前の世界に読者をいざない、中世イタリアの近代外交の夜明け、16世紀以降の宮廷外交の黄金期、20世紀の二度の大戦を経ての英王室の発展を辿り、さらに日本の皇室のあり方も振り返る。

目次

はじめに―王室外交とは何か
第1章 「外交」のはじまり―文明揺籃の地から
第2章 近代外交の夜明け―一五世紀イタリアから
第3章 宮廷外交の黄金時代―一五二〇〜一九一三年
第4章 エリザベス二世の王室外交
第5章 皇室外交への示唆
おわりに

出版社・メーカーコメント

「時代遅れの遺物」から、民主政治や平和を支える存在へ――今からわずか百年ほど前には、世界の大半が君主国とその植民地であった。それが、21世紀の現在には、君主国は(日本も含め)28ヶ国。とはいえ今やこれらの君主国こそが、新たな地球的課題に対していち早く動き、社会や政治の右傾化のなかで、国内での均衡を保つ重要な存在になっている。一見すると時代遅れの遺物と思われがちな王室や皇室が、21世紀の現代に極めて重要な意味を持ち、特に「外交」の面で力を発揮しているのはなぜか。本書ではまず、外交の源流、3500年前の世界に読者をいざない、中世イタリアの近代外交の夜明け、16世紀以降の宮廷外交の黄金期、20世紀の二度の大戦を経ての英王室の発展を辿り、さらに日本の皇室のあり方も振り返る。

著者紹介

君塚 直隆 (キミズカ ナオタカ)  
1967年東京都生まれ。立教大学文学部史学科卒業。英国オックスフォード大学セント・アントニーズ・コレッジ留学。上智大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程修了。博士(史学)。東京大学客員助教授、神奈川県立外語短期大学教授などを経て、関東学院大学国際文化学部教授。専攻はイギリス政治外交史、ヨーロッパ国際政治史。著書に『立憲君主制の現在』(2018年サントリー学芸賞受賞、新潮選書)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)