• 本

大人のための「怖いクラシック」 オペラ篇

角川文庫 な50−10

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-04-110847-5
4-04-110847-0
税込価格 924円
頁数・縦 216P 15cm

商品内容

要旨

名曲の裏には、こんなに怖くて面白いドラマが秘められていた!シンデレラをいじめていたのは継母ではなくて継父だった、オペラ『チェネレントラ』。主人公が高級娼婦だったために、世間から非難されてしまった『椿姫』。男女間の愛と裏切りを描いた『蝶々夫人』の作曲の裏側には、1人の若い小間使いの死が隠されていた。『怖い絵』の著者が名画を交え独自の視点で紹介する、クラシック・オペラの世界一わかりやすい解説書!

目次

プロローグ オペラって何?初心者のためのオペラ講座
第1章 チェネレントラ(シンデレラ)
第2章 椿姫
第3章 ホフマン物語
第4章 ファウスト
第5章 カルメン
エピローグ もっと知りたい!初心者にも楽しめるオペラいろいろ

出版社・メーカーコメント

「怖い絵」の中野京子による、絵画でオペラを解説する初心者向け入門書!「怖い絵」シリーズで大人気の著者がクラッシク・オペラをオールカラーで解説。 「椿姫」にマネの「ナナ」、「蝶々夫人」にはドラクロワ「怒れるメディア」等、クラシックと名画のコラボに酔いしれよう!

著者紹介

中野 京子 (ナカノ キョウコ)  
作家・ドイツ文学者。北海道生まれ。2017年「怖い絵」展特別監修者。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)