• 本

再興への道

角川文庫 時−さ61−13 身代わり若殿葉月定光 7

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-04-109282-8
4-04-109282-5
税込価格 748円
頁数・縦 273P 15cm

商品内容

要旨

故郷の広島にまで、虎丸の正体を探る者が現れた。親友・佐治からの文でそれを知った虎丸は、ついに定光の妻・月姫に葉月家を守るため、亡き定光に瓜二つの自分が身代わりとなっていたことを告白する。秘密を暴き、積年の恨みを晴らさんとする大老格・柳沢吉保と、葉月家乗っ取りを狙う五色四郎の奸計により、虎丸らは柳沢の別邸に幽閉される。葉月家には改易の沙汰が下り、絶体絶命の状況に虎丸は―。シリーズ、堂々完結!

出版社・メーカーコメント

正体、ついに暴かれる! 虎丸の運命は? 待望の完結!柳沢吉保と、葉月家に恨みのある五色四郎は、定光の正体が村上虎丸であるという事実に迫りつつあった。虎丸の故郷近く、尾道にも怪しい影が。さらに月姫にも、身代わりを知られてしまい……。

著者紹介

佐々木 裕一 (ササキ ユウイチ)  
1967年広島県生まれ。今、最も注目されている時代小説作家の一人。時代小説シリーズに「公家武者 信平」「新・浪人若さま 新見左近」など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)