• 本

宮廷神官物語 12

角川文庫 え9−28

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-04-109124-1
4-04-109124-1
税込価格 748円
頁数・縦 334P 15cm
シリーズ名 宮廷神官物語

商品内容

要旨

藍晶王の御代を迎えた麗虎国。師範神官の長である瑛鶏冠は、変わらず市井の子供たちの教育に心血を注いでいる。そんな師を支えるのは、「鶏冠を守る」という約束を胸に、逞しく成長した天青だ。本来なら、鶏冠が新しい大神官として就任している時期だが、王妃の父である申氏が強硬に反対し、王を悩ませている。再び宮廷に不穏な気配が…。大人気アジアン・ファンタジー、皆の「その後」がここにある!真の完結巻、奇跡的に登場!

出版社・メーカーコメント

時を経て今、あの名作の続編が登場!!書下ろし最新作にして真の完結巻!歴史と伝統の国、麗虎国。次期大神官の鶏冠は、相変わらず市井の民に学問を教えるべく、身分を隠して奔走している。そのそばには成長した天青の姿があった……。皆が待ち望んだ、その後の物語がここに!

著者紹介

榎田 ユウリ (エダ ユウリ)  
東京都出身。代表作は“妖〓庵夜話”シリーズ(角川ホラー文庫)等。榎田尤利名義でも著作多数。巧みなストーリーテリングと、魅力的なキャラクター描写で、多くの読者を魅了している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)