• 本

寿命遺伝子 なぜ老いるのか何が長寿を導くのか

ブルーバックス B−2166

出版社名 講談社
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-06-522912-5
4-06-522912-X
税込価格 1,100円
頁数・縦 270P 18cm

商品内容

要旨

遺伝子ハンターたちの熾烈な競争で見えてきたもの。1988年、米国カリフォルニアで、小さな線虫の寿命がある遺伝子の欠損で大幅に延びたことが報告された。世界初の寿命遺伝子「エイジ1」発見の瞬間だった。人類の究極の願い「不老長寿」は可能になるのか?各国の叡知による、熾烈な遺伝子獲得競争が始まった。次々に見つかったさまざまな個性をもつ寿命遺伝子は私たちの「残り時間」をどのように変えるのか?スリリングに描きだされる研究の最前線!

目次

老化―ライフヒストリー
寿命―延びゆく命
遺伝―つながるカスケード
疾患―急速に進む老い
悩脳―長寿化を主導する組織
神経―老化ニューロンの守護神
時間―身体にひそむ暦
情報―ストレスと環境適応
受容―長老の教え
修飾―化粧する遺伝子
代謝―代謝の目付け役
進化―見えてきた共通基盤
百寿―ライフスタシス

出版社・メーカーコメント

生物の寿命を左右する「寿命遺伝子」を探す世界の「遺伝子ハンター」たちの研究合戦をスリリングに描き、「寿命」とは何かを考える!

著者紹介

森 望 (モリ ノゾム)  
福岡国際医療福祉大学教授。長崎大学名誉教授。1953年、長崎県生まれ。東京大学薬学部卒業。薬学博士。南カリフォルニア大学老年学研究所助教授、国立長寿医療研究センター部長、長崎大学医学部(第一解剖)教授、長崎大学附属図書館長、日本基礎老化学会理事、日本老年学会理事などを歴任。専門は脳科学、神経老年学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)