• 本

三国志入門

文春新書 1302

出版社名 文藝春秋
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-16-661302-1
4-16-661302-2
税込価格 1,045円
頁数・縦 307P 18cm

商品内容

要旨

三国時代と三国志の時代の違いとは。外戚と宦官の争いが後漢王朝を衰弱させた。ことばの力によって大国・魏を創った曹操。薄情な劉備がなぜ蜀の皇帝になれたのか。若さに満ちた政権を率いた呉の孫権。「水魚の交わり」「泣いて馬謖を斬る」…物語を彩る名言。英雄たち亡き後の三国志の世界…中国歴史小説の第一人者が雄大な世界へいざなう。

目次

第1章 三国志演義の世界
第2章 三国志の時代
第3章 英雄たちの真実
第4章 手に汗握る名勝負
第5章 三国志のことば
第6章 英雄たちの後の三国志

出版社・メーカーコメント

中国歴史小説の第一人者が書き下ろす中国を代表する歴史物語『三国志』をこれから読みたい人に贈る。英雄たちの足跡を物語、戦い、故事成語などにわけて易しく紹介する。

著者紹介

宮城谷 昌光 (ミヤギタニ マサミツ)  
1945年、愛知県に生まれる。早稲田大学文学部卒。出版社勤務のかたわら立原正秋に師事、創作をはじめる。1991年、『天空の舟』で新田次郎文学賞、同年、『夏姫春秋』で直木賞。1993年度、『重耳』で芸術選奨文部大臣賞。1999年度、司馬遼太郎賞。2001年、『子産』で吉川英治文学賞。2004年、菊池寛賞。2006年、紫綬褒章。2015年度、『劉邦』で毎日芸術賞。2016年、旭日小綬章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)