• 本

あしたの官僚

出版社名 新潮社
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-10-336993-6
4-10-336993-0
税込価格 2,090円
頁数・縦 333P 20cm

商品内容

要旨

厚生労働省キャリア技官の松瀬尊、30歳。『官僚たちの夏』に憧れ、念願の官僚となるも、その実態は、深夜残業は当たり前、ブラック企業顔負けの現場だった…。「ゆとり世代直撃」なノンキャリの後輩、激烈パワハラ上司、フリーライダー同然の先輩職員の尻拭いに追われ、国会議員からの突き上げ、関係省庁との板挟み。さらには「国民」からの苦情電話に苦悶する日々を送っていた。そこに突如、新潟県で謎の公害病が発生。孤立無援のまま原因究明に追われる松瀬だが、ある謀略により「忖度官僚」として国民の非難の的となり…。過密労働、止まらぬ人材流出、そして、度重なる不祥事…。超リアルにして痛快な、新時代のポリティカルフィクション!

出版社・メーカーコメント

厚生労働省キャリア技官の松瀬は、個性的過ぎる部下や同僚の尻拭いに奔走しながら、国会議員、関係省庁との板挟みに苦悶する日々を送っていた。そこに突如、新潟県で謎の公害病が発生。孤立無援のまま原因究明に追われるが、ある謀略により「忖度官僚」として国民の非難の的となり……。切実すぎる新時代の官僚小説。

著者紹介

周木 律 (シュウキ リツ)  
某国立大学建築学科卒業。2013年、『眼球堂の殺人―The Book』で第47回メフィスト賞を受賞しデビュー。本格ミステリの系譜を継ぐ才能として注目を浴び、「堂」シリーズを計7作刊行(いずれも講談社)。ほかにも著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)