• 本

Django プロフェッショナルWebプログラミング

出版社名 エムディエヌコーポレーション
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-295-20106-9
4-295-20106-5
税込価格 3,520円
頁数・縦 318P 24cm

商品内容

要旨

大人気のWebアプリケーションフレームワーク「Django」をマスター!PythonとDjangoの基本、具体的な開発のステップからデプロイまで、現場で使える力を身につける。

目次

1 Pythonの基本を学ぶ(Pythonとは?
Pythonの第一歩 ほか)
2 Djangoの基本を学ぶ(Djangoとは?
Djangoの第一歩 ほか)
3 DjangoでSNSを作る(SNSを作ってみよう
テンプレートを作ってみよう ほか)
4 アプリケーションを公開する(AWSでの本番環境
デプロイに挑戦しよう ほか)

出版社・メーカーコメント

近年、AI開発を中心にPythonがますます注目されています。Pythonは初心者にもやさしい言語で、「パッケージ」や「フレームワーク」という便利な「部品」が数多く提供されているのも人気の理由です。その一つであるDjangoは、Webアプリケーションの制作環境として大人気、業界でも注目されています。アプリ開発における技術的な敷居の低さも人気の理由の一つとなっています。 Djangoを使用すると、よく見かけるような会員制サイトなども簡単に開発できます。たとえば、YouTubeやInstagramでも活用されています。 本書は筆者がエンジニアとして得た実践的な知識をお伝えするべく、実際の開発の流れに沿って学べる構成となっています。環境構築が苦手な方でも学習を進められる内容なので、初心者の方もご安心ください。 この本では、読み進めていくためのPythonの基礎から始めてDjangoの基本を紹介、そして作例(社内SNS)を開発するという流れで、実務的な開発手法を学べる形式になっています。デプロイ、各種ツールやサービスの基礎解説も掲載。作例データはダウンロードできます。 プログラミングの学習は、とにかくコードを書いて実際に動かしてみることが重要です。コードが理解できなかったり、エラーが出てしまったりすることがあるかも知れませんが、まずは立ち止まらず最後まで諦めずに開発を進めてください。そうすると開発の流れや全体像が見えてくるでしょう。

著者紹介

田中 潤 (タナカ ジュン)  
Shannon Lab株式会社代表取締役。アメリカの大学で数学の実数解析の一分野である測度論や経路積分を研究。カリフォルニア大学リバーサイド校博士課程に在籍中の2011年、「ShannonLab」を立ち上げるために帰国。これまでの研究成果や技術を生かして、対話形式で有名人を当てる推測エンジン「Mind View」や、テキスト対話エンジン「Deep Love」など数々の人工知能エンジンを開発。開発する際は常にPythonを愛用。近年人工知能がホットな話題となり、数理研究とビジネスモデルの双方の視点からアドバイスを行い、企業の人工知能ビジネス立ち上げを多数手がけている。コンサルティングを重ね、人工知能サービスを商品化するためのビジネスプランを練り、企業との共同研究開発も行っている。Marshall University理学部数学科卒業。North Georgia University理学部物理科卒業。University of California Riverside理学部数学科修士修得。University of California Riverside理学部数学科博士課程前期修了(PhD candidate)
伊藤 陽平 (イトウ ヨウヘイ)  
日本暗号資産市場株式会社のエンジニアとして、ブロックチェーンやWebアプリケーションの開発を中心に行っている。元Shannon Lab株式会社のインターンとしてPython、Djangoの開発に携わる。また、新宿区議会議員(2期)、Code for Shinjukuの代表として行政のICT化やプログラミング教育にも取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)