• 本

こころの病は人生もよう 統合失調症・ユング・人類精神史

出版社名 本の泉社
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-7807-1989-5
4-7807-1989-5
税込価格 2,001円
頁数・縦 212P 21cm

商品内容

要旨

幻覚、妄想、不思議な世界…。ユングや人類の歩みから考えます。どうつき合えばよいのか、新しい世界がひらけます。

目次

第1部 統合失調症の幻覚・妄想をめぐるユング心理学からの新しい理解(統合失調症とは、どんなこと?
無意識の世界
ユングと幻覚・妄想
統合失調症・幻覚・妄想についての諸見解
海外からの実践報告・見解
生活者としてのまなざし―環境と疾病)
第2部 人類の精神史の素描―こころの病に触れて(「精神」、「心」、「意識」、そして「人類の精神史」という言葉
生命史における精神の起源
人類の生活史を踏まえた精神史の素描
近代文明と三つの革命)

著者紹介

尾関 夢子 (オゼキ ユメコ)  
京都市生まれ。京都大学大学院教育学研究科教育方法学心理学コース修士課程修了。平安女学院短期大学保育科助教授、付属幼児教育研究所どんぐり教室主任。中央大学文学部非常勤講師、同大学学生相談室カウンセラー。高千穂大学人間科学部教授、同大学学生相談室主任カウンセラーを経て、高千穂大学名誉教授
尾関 周二 (オゼキ シュウジ)  
岐阜県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程哲学専攻満期退学。社会学博士(一橋大学)。2012年まで東京農工大学大学院教授。現在、東京農工大学名誉教授。総合人間学会会長、環境思想・教育研究会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)