• 本

和歌・短歌のすすめ 新撰百人一首

出版社名 花鳥社
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-909832-34-4
4-909832-34-3
税込価格 1,760円
頁数・縦 224P 19cm

商品内容

要旨

和歌・短歌の魅力を現代に、そして未来に伝えたい、という思いから新たに名歌100首を厳選。歌の面白さを今日に生きる詩形として解きあかす。執筆者たちがそれぞれの専門を生かして、歌の背景とともに三十一文字のおもしろ味をやさしく解説。重要な事項を“コラム”として和歌・短歌の基本知識を余すところなく解説した入門書。

目次

上代―大和・奈良時代(八雲立つ出雲八重垣妻籠みに八重垣作るその八重垣を―須佐之男命
岩代の浜松が枝を引き結びま幸くあらばまたかへり見む―有間皇子 ほか)
中古―平安時代(今はとて天の羽衣着る折ぞ君をあはれと思ひ出でける―かぐや姫
思ひつつ寝ればや人の見えつらむ夢と知りせばさめざらましを―小野小町 ほか)
中世―平安時代末期(院政期)・鎌倉・南北朝・室町・安土桃山時代(瀬をはやみ岩にせかるる滝川のわれても末に逢はむとぞ思ふ―崇徳院
夕されば野辺の秋風身にしみて鶉鳴くなり深草の里―藤原俊成 ほか)
近世―江戸時代(神よいかに聞きたがへたる恋せじとはらへしままに増る悲しさ―後水尾院
天河みなぎるいさごとしつもり空よりなせるふじのしば山―下河辺長流 ほか)
近・現代―明治維新から今日まで(天地を籠めたる霧の白濁の中に一點赤き唇―森鴎外
赤き烟黒き烟の二柱真直に立つ秋の大空―夏目漱石 ほか)

著者紹介

谷 知子 (タニ トモコ)  
1959年生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得。博士(文学)。フェリス女学院大学文学部日本語日本文学科教授。専攻は和歌文学
島村 輝 (シマムラ テル)  
1957年生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得。文学修士。フェリス女学院大学日本語日本文学科教授。専攻は日本近現代文学・藝術表象論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)