• 本

裁判官が説く民事裁判実務の重要論点 交通損害賠償編

出版社名 第一法規
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-474-06964-0
4-474-06964-1
税込価格 4,400円
頁数・縦 390P 21cm
シリーズ名 裁判官が説く民事裁判実務の重要論点

商品内容

要旨

裁判官の視点で弁護士の適切かつスピーディーな訴訟活動をナビゲート!

目次

第1 基本的な事件類型(損害賠償請求
保険代位による求償金請求(車両保険、対物賠償責任保険) ほか)
第2 責任要件(自賠法3条に基づく責任(運行供用者、他人性、運行起因性)
未成年者の事故と親権者の責任(民法714条1項、709条) ほか)
第3 損害(人身損害の概要
物的損害の概要 ほか)
第4 過失相殺・素因減額(過失相殺(被害者側の過失、好意同乗減額、シートベルト不着用)
素因減額)
第5 損益相殺等(損益相殺的調整の対象と範囲
自賠責保険に係る被害者の直接請求権と社会保険者の代位との競合)