• 本

分水嶺 ドキュメントコロナ対策専門家会議

出版社名 岩波書店
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-00-061466-5
4-00-061466-5
税込価格 1,980円
頁数・縦 216,7P 19cm

商品内容

要旨

クラスター対策に「3密」回避。未知の新型コロナウイルスに日本では独自の対策がとられたが、その指針を示した「専門家会議」ではどんな議論がなされていたのか?注目を集めた度々の記者会見、自粛要請に高まる批判、そして初めての緊急事態宣言…。組織廃止までの約五カ月、専門家たちの議論と葛藤を、政権や行政も含め関係者の証言で描く迫真のノンフィクション。

目次

プロローグ 疱瘡神と乱世
第1章 未知のウイルスを前に―2月3日〜24日
第2章 クラスター対策と「情報の壁」―2月24日〜3月11日
第3章 桜の季節の感染拡大―3月11日〜22日
第5章 リスクコミュニケーション―4月7日〜5月19日
第6章 専門家会議の「卒業」―5月19日〜7月3日
エピローグ 後の先

出版社・メーカーコメント

クラスター対策に3密回避。未知の新型コロナウイルスに日本では独自の対策がとられたが、その指針を描いた「専門家会議」ではどんな議論がなされていたのか? 注目を集めた度々の記者会見、自粛要請に高まる批判、そして初めての緊急事態宣言……。組織廃止までの約四カ月半、専門家たちの議論と葛藤を、政権や行政も含め関係者の証言で描くノンフィクション。

著者紹介

河合 香織 (カワイ カオリ)  
1974年生まれ。ノンフィクション作家。2019年『選べなかった命―出生前診断の誤診で生まれた子』(文藝春秋)で大宅壮一ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞受賞。2009年『ウスケボーイズ―日本ワインの革命児たち』(小学館)で小学館ノンフィクション大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)